結婚式の形、親族だけの結婚式はメリットたくさん!

親族だけの結婚式は感謝の気持ちを伝えられる

結婚式は、自分達の結婚のお披露目、報告という意味もありますが、結婚式という場を借りてみんなに感謝の気持ちを伝えれる意味があります。大人数の結婚式だと、来てくれたゲストの方の人数も多く、1人1人にゆっくり時間をとってお話をする、感謝の気持ちを伝えるということが時間的にもなかなか難しいものです。親族だけなら、少数だけなので1人1人と話すことも出来るので色々と、懐かしい話にも盛り上がったり、感謝の気持ちを伝えることも出来ますね。

コミュニケーションがとれる

結婚式の場では、両家の親族が集まるのではじめまして、という顔合わせする人も多くいます。大人数だと、親族の席が遠く軽く挨拶する程度でなかなか話す時間もなく、あの人は誰だっけ?ということも少なくないですよね。その点親族だけの結婚式なら、テーブルの数も少なかったり、1つのテーブルにみんなが座って行うことが多いので、常に誰かの顔を見て話したり、誰かが話を振ってくれたりするので自然に場も盛り上がり、和やかな雰囲気になり、家族の絆が生まれますね。

リラックスした時間を過ごせる

親族だけの結婚式は、みんな知った顔ばかりなので緊張することなくリラックスした雰囲気の中で出来ますね。普通は、職場の上司などを呼ぶことが多く、緊張しまいがちで、あまり結婚式を楽しむことが出来なかった、という人も多いんです。それに、本当に結婚式に来てほしいという人ばかりなので、変な気を使うこともなくみんなが祝福の気持ちで式に参加してくれるのは嬉しいですよね。結婚式は、自分達はもちろん来てくれるゲストの方にも楽しんで貰いたいですね。

少人数での結婚式というのは、家族や親しい友人のみを招待するため、アットホームな雰囲気にできる点が魅力です。